代表あいさつ

合同会社 アスリーのホームページにお越しいただきありがとうございます。

私の人生の目標は「最良の死」を迎えることです。いきなり死のことを語ると驚かれるかもしれません。私の専門は、高齢者や重度身体障がい者のリハビリテーション、終末期のリハビリテーションです。そのため、ご縁のある多くの方の人生の終わりに関わらせていただきました。

 

これまでの経験の中で、強く感じることは、人間「死に際は大切」だということです。

若く元気な時は「自分の死」について考えることなどほとんどないと思います。

しかし、誰もがいつか必ず人生の終わりを迎える時が来ます。

人間は、もしかすると「最良の死」を迎えるために生きているのかもしれません。

 

「最良の死」とはどのような死なのか?これは人それぞれ考え方は異なるでしょうが、私の場合は「自分も家族も穏やかな心地で納得できる死」といったところです。

 

「最良の死」を迎えるために大切なこと。それは、「今を一生懸命生きること」に尽きるのではないかと感じています。

「今を一生懸命生きる」ためには、「本当の意味で健康」でなければなりません。

本当の意味での健康とは、他人や不要な物に依存せず、自分らしく生きられるということです。

 

子どもの時から、若く元気な時から「本当の意味での健康」について学び、実践し、いつか「最良の死」を迎えるために「今を一生懸命生きる」時間を積み重ねていく。

 

私自身もそうあるために、そして、ご縁のある方にそのお手伝いができるように、日々、出会い、学び、実践し、学び続けています。

あなたと出会い、共に学べる日が来ることを楽しみにしています。

 

2017年 4月 吉日

合同会社 アスリー 代表 辻本 友樹

 

代表プロフィール

辻本 友樹(つじもと ともき)

・神戸市出身1976年生れ

 

(職歴)
・病院等で理学療法士として勤務(2002年~2010年)
つじもと鍼灸院 院長(2010年~)
・合同会社 アスリー 代表(2017年~)

 

〈国家資格〉
・社会福祉士
・理学療法士
・はり師・きゅう師

 

〈その他の資格〉
・国際マッケンジー協会認定セラピスト
・日本電磁波協会 1級電磁波測定士

・福祉住環境コーディネーター2級

 

〈所属〉
国際マッケンジー協会日本支部会員
YNSA(山元式新頭針療法)学会会員
日本ネッシン協会会員
・兵庫県保険鍼灸師会会員

日本電磁波協会会員

 

〈現在学んでいること〉

・マッケンジー法

・YNSA(山元式新頭針療法)

・ネッシン療法

・波動調整

・電磁波の人体への影響と対策について

・大麻飾り

・アドラー心理学

・その他、心と体と場を整える方法について